スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

教会のステンドグラス 


2011-09-02 12 11 53kll



神学校に出てきたのステンドグラスのことを調べていると、
色々止まらなくなりまして…

いつか見ててみたいなぁと思うステンドグラス等について
まとめてみました。

「ゲーム関係なくね?」はい。その通りです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

自分用のまとめリストみたいなものです((´^ω^))ゥ,、ゥ,
美しい教会建築やらに興味があればどうぞ

【以下写真】


まず紹介するのは、アイルランド ダブリンの聖パトリック大聖堂

アイルランド ダブリンの聖パトリック大聖堂

カラフルなステンドグラスが美しいです…
ここにはアイルランドで一番大きいパイプオルガンがあります。
私の通っていた高校の付属大学にも大きなパイプオルガンがあり、
何度かコンサートに参加したこともありました。
パイプオルガンの音色って綺麗ですよねー(*´∀`)

Wikiによると、この聖堂は「chancing your arm (危険を冒す)」という表現の語源らしい。
なんでも1492年に、大聖堂でキルデア伯ジェラルドはドアを切って穴を開け
さらに腕をその穴に差し入れ、敵対して部屋の中に逃げ込んだオーモンド伯ジェームズ
との和睦を呼びかける努力をしたとか…
ドアから腕とか何それ怖い(;^ω^)←勘違い


続いて、イギリス グラスゴー大聖堂

イギリス グラスゴー大聖堂のステンドグラス2

宗教改革でスコットランドの教会の中で唯一完全に残っているものだそうです。
ここもステンドグラスが綺麗ですね♪
このステンドグラスの模様は紋章っぽいですね。
上段には“NEMO ME IMPUNE LACESSIT”とかいてあります。
「我に牙を剥く者、何人といえど罰を免れる者無し」
ポーの小説にそんな台詞がありましたね。

これは、スコットランドの最高勲章、シッスル勲章士団のモットーです。
中段は、左上から右へ
SEAFORTH HIGHLANDERS
THE ROYAL SCOTSGREYS //RAGOONS
THE GORDON HIGHLANDERS
PRINCESS ///

どうやらこれはロイヤル・スコットランド連隊と関係ありそうですね
ステンドグラス左上の紋章が、
第72連隊と第78連隊「サフォース・ハイランダーズ」の帽章

Seaforth_Heraldry.jpg

他にもロイヤル・スコッツの帽章、
”Black Watch”黒い監視兵と言われていた第42連隊の帽章などなど…

歩兵隊の帽章がステンドグラスに描かれることはよくあるんでしょうか?
聖堂は12世紀に創建、増改築を繰り返し、15世紀頃に現在の姿になる。
第1連隊の結成は15世紀。サフォース・ハイランダーズの結成は17世紀後半だったような…

だ、だめだ胡乱な知識で深く考察するのはやめよう…
ステンドグラスに悪い:(;゙゚'ω゚'):



次は、オーストリア ハイリゲンクロイツ修道院

オーストリア ハイリゲンクロイツ修道院 ステンドグラス

う、美しい…!!!!
この落ち着いた色合いが最高です・:*:・(*´∀`*)・:*:・

確かに上二つや、ヨーロッパに点在する聖堂のステンドグラスの
息を呑むような発色には圧倒されます。

しかし、こういうモノクロに近い抑えた色合いのステンドグラスも
うっとりするほど素晴らしいですよね…。

このハイリゲンクロイツ修道院はオーストリア盛期ゴシック建築の代表格で
地下には黒と金を基調にした棺があるそうです。
傍には骸骨のモニュメント、一度見てみたいです♪



続いて、チェコ プラハ 聖ヴィート大聖堂 

チェコ プラハ 聖ヴィート大聖堂 ミュシャのステンドグラス

ついに来ました!ミュシャのステンドグラスです。
本当にステンドグラスか疑うような柔らかさが堪りませんー!

鮮やかな色彩も、目がちかちかするような不快感がないのは
ミュシャの温かみのある人物画のお陰でしょうか。

「まるでほんのり発光する絵画みたいだった」
自分で見に行って、友人の言葉に同感できる日を待っています♪



次は、ドイツ カイザー・ヴィルヘルム記念教会

ドイツ カイザー・ヴィルヘルム記念教会

⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

っは!すみません、つい…

ベルリンにあるこの教会、なかなかショッキングな外観なのです。

実はこの教会、第二次世界大戦中の大空襲で破壊されてしまったのです。
戦争の悲惨さを後世に伝えるため、最低限の修復をした上で崩れたままです。

ドレスデンの聖母教会とはまた違った、戦争の悲惨さの伝え方ですね。

再建後はモダンなステンドグラスのお陰で、教会内部は美しい青い光で溢れています。



続いては、フランス サンテティエンヌ大聖堂

フランス サンテティエンヌ大聖堂

ゴシック建築の重厚な佇まいに青と赤のコントラストが美しい、
サン・テティエンヌ大聖堂のシャガールがデザインしたステンドグラスがこちら

フランスのステンドグラスと言えばシテ島のバラ窓…ランスにシャルトル
それもいいのですが美しい庭園とステンドグラスを見に
ブールジュに訪れたくなります♪


さて、今回このステンドグラスを調べるきっかけが
神学校の礼拝堂のステンドグラスの模様をどこかで見たような…
と思ったからなのです。

右が聖ヨハネのステンドグラス
左がフランス ノートルダム大聖堂のステンドグラス

フランス ノートルダム大聖堂reihaido - コピー

まったく一緒じゃないか( ゚д゚)!!!初めから有名どころを調べればよかったよ…orz

「だから何?」と言われると何でもないです|ω・`)としか言えないのですが
調べている間は楽しかったです!英語ばっかだけどね!!



おまけ…
宗教関連の建築にあるステンドグラスを取り上げてきたのですが
最後に、イギリス オックスフォード大学の食堂のステンドグラスをご紹介♪
ハリーポッターの広間のロケで使われていた所です。

イギリス オックスフォード大学食堂3 - コピー


良く見ないと分からないのですが、
不思議の国のアリス」のキャラクターがいます!

ステンドグラス上部には、一人アリスもいます。
紋章は何を意味するんだろう。暇があったら調べたいです。

オックスフォードはルイス・キャロルの出身校ですもんね。
こういう可愛らしいステンドグラス…欲しいですね(どこに)


以上、世界のステンドグラス達…
いつか絶対に本物を見に行きます♪
今冬にはロンドンに行けそうですし…(´∀`*)ウフフ


スポンサーサイト
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。