スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

TOXプレイ記その3 


554691.jpg


こんにちは、ナナです。
テイルズオブエクシリアプレイ記その3
バーミア峡谷からサマンガン海停までの感想です。
この三連休はTOX漬けのゲーム充になっておりました。

それだけやったのなら、きっと進んでるだろう?
実はまだ、6人揃ったばかりです…しかしレベルは40
少々やり過ぎた感が否めないのですが、
これで中盤のボス戦もハードで乗り切れるはず!

ストーリーはそれほど進んでいませんが、
重要なシーンばかりなので感想はその4に続きます。

キャプチャーボードの不調で、
しばらくはデジカメからの画像になる予定です。

【以下ネタバレ注意】


前回、強制徴用された民を助けるために向かったアシメお兄様を助けるために
ローエンと共にバーミア峡谷へ向かった一行

ローエンさんは少々使いにくいのですが、後衛術師としては優秀です。
ミラとリンクして、土属性の術を出して弱点をついていけばハードでも全く苦じゃない。

バーミア峡谷の途中で通るクラマ間道にいる虫(?)みたいなやつの溜め攻撃は
ダウン性能があるのに威力は弱めという、ジュード君のレストア回数稼ぎにもってこいです。
マニュアル操作のアルヴィンを虫の前に放置し、仇のようにダウンさせますw
ごめんよ、アルヴィン!「戦いはこれからだよ!しっかり!アルヴィン( ^∀^)
ジュード君の励ましに、そこはかとなく悪意を感じる… 頑張って!(僕の称号の為に)
腹黒鬼畜ジュード君くださいだれか…代永ボイスで罵られt…げふんげふん 怖いな連休のテンション
でも実際、御老体や女性や子供にこんな役はやらせられないよね。仕方ないよね。
何度でも言う、(私はアルヴィン大好きですよ( ´ノω`)コッソリ)


さて、レストア上手の称号をゲットしたら峡谷へ
このダンジョンは昇っては降りの繰り返しで進んでいきます。
まためんどくさい…けれど崖を登るエリーゼちゃんは天使

峡谷へ入ってすぐ、敵襲を受ける一行
その場を切り抜けるためジュード君が囮をかって出ます。

003.jpg

もうなんでこの優等生こんなにかっこいいの…(*´Д`)
そして近距離から放たれた矢を 神 回 避 PVのあれです。
ミラとアルヴィンで敵を倒し、装置を止めるため一行は頂上を目指す。

頂上に着いた一行は、ローエンの術で一気に降下し
アルヴィンの銃で中核を壊そうとするが、揺れて上手くいかない。
ジュード君がアルヴィンの腕を固定し何とか破壊に成功する。

あぁああ!!Σ(゚д`*;)
なんでこんな要所要所に萌えを詰め込んでくるのバンナムさんばかぁ大好き(*ノ∀ノ)!
こういう自然なフォローを見てるとちょっと頬が緩むのは私だけではないはずだ…
にしてもジュード君は気が利きますね。とっさの判断力もさることながら、
ちょっと前まで医学生やってたとは思えない臨機応変さ…無敵ですね15歳!

で…ここのボスなんでこんなに強いの…牛丼食べて、どや顔で挑んだ私に謝れ
けれど意地でもハードから下げたくなくて、レベル上げと
今までケチっていた装備の充実を済ませたらあっさり勝利(・∀・;)
意気込んで行ったらバキュラに出会って経験値頂けた所為もあったのですがw
ありがとう ちょっと空気読まない登場の仕方だったけれどお陰でレベル上がった
ここで全員のレベルが24でした。 


アシメお兄様を救出後、サブイベをこなしつつカラハ・シャールへ戻る一行
ここでティポが先程の術での降下に一言「ふつー死ぬよねー」 …ですよねー(´∀`;)

012.jpg

イベント後、女の子たちは街へ買い物へ 微笑ましい光景です…(´∀`*)ポッ
領主邸前でジュードに力を貸してほしいというクレイン領主
そんな彼の胸に奇襲してきた兵士の矢が刺さる
えええええええええ!!!まさかのクレインお兄様退場!?
いやだってさっき命がけで助けたばかりなんですけれど(そこ?)

軍の侵入があり、市場にいたミラ達はジュードが駆けつけた時に連れ去られてしまう
ミラを助け出そうとするジュード君はちょっと怖い…
こんなに切羽詰まってるジュード君みるのは初めてな気がします(´;ω;`)


連れ去られた3人を助けるため、ジュード・アルヴィン・ローエンはガンダラ要塞へ
リフトを利用しながらダクトを抜け、中央制御室に向かう3人
そこにいたのはミラと独裁王ナハティガル(ハーフアップとか誰得('・c_,・` )プッ) 
020.jpg

ナハティガルを追って傷ついたミラは1人締まる扉に転がり込んでいく
扉を必死で叩くジュード君 ミラが大切で心配なんですよね…
後悔してないわけじゃないって言ってましたが、ジュードとミラの間には
他のパーティメンバーとは違った絆があるように思えてなりません。
勿論、恋愛とか友情とかそういうものでもない…お互いに対する憧れみたいな?

0241.jpg

5人+ティポのマナで装置を破壊し、ミラを追うとそこには血まみれのミラが…
「エリーゼ!!早く回復を!!」 本当に怖いですジュード君…
ミラの容体は酷く、ティポ曰く“ぐちゃぐちゃ”らしい
それでも寝ずに精霊術を使い看病するジュード 
看病の甲斐あって目覚めたミラ しかし、ミラの両足は動かない
それでもイル・ファンに行くのをやめないというミラにジュードは叫ぶ

033.jpg
034.jpg

ミラ…この人強いとかそういうレベルじゃないよね(´・ω・`)
もう男前とかいう言葉も使っちゃいけないくらい高潔な精神だなぁ
使命の為に真っ直ぐ折れずに歩いて行けるなんてRPGのキャラでもそんなにいない
しかも、足が動かなくなるくらい酷く怪我しても絶望せずにいられるのは
ミラが精霊だからなのかな…ジュードと出会ってどんどん人間らしくなっていくミラだけれども
この物語の終着点はミラが人間として生きる事じゃないだろうし…うーんこの後の展開が気になる。

031.jpg

アルヴィンから別れを告げられたジュード君が捨てられた子犬みたいで可哀想に…(ヽ'ω`)
いきなりの離脱ですね。まあなにか考えがあってのことでしょうが、実際雇われの傭兵である
アルヴィンの言ってることは正論ですよね…それだけに悲しい
誰もが自分の使命を持って行動してるわけじゃないし、自分の使命が分からないのはごく普通の事
「お前の使命って、なに?」

それでも、ミラの力になりたいと願うジュードは、ミラの寝室へ行き
自分の父親ならミラを治せるかもしれないと告げる。

035.jpg

「お節介だよね」って笑うジュード君にもう序盤の面影ないよやばいかっこいいです…
エリーゼを領主邸に預け、二人はジュードの故郷ル・ロンドへ

ここから久しぶりの二人旅 といっても戦闘はジュード君一人
集中回避回数稼ぎに、街道にいるビーと長々と戦闘
アロービーとセットの場合は先にそちらを撃破しておきます。
ビーは攻撃のモーションが長いため、集中回避しやすいし
ジュード君一人ならいくらでも集中回避出来ますから、称号を得やすい
10分ほどやって250回位で、総合計600回で称号ゲット(450回で取得)
意外と回避していたみたいで集中回避ファイナリスト簡単に取得出来ました。

038.jpg

途中イベントでミラの乗っていた馬がいなくなってしまった時も
甲斐甲斐しくミラを背負うジュード… もうこのコンビ大好き…
雨宿りしている時の会話で料理の話になり 
笑いながら自分の使命はミラに料理を作ることかと問うジュードにミラは
「今の私にはできない事だ。食事を作り、寝床を整えることすらな…」

037.jpg

ねぇこれなんてプロポーズ?もう2828し過ぎて真剣な顔が出来ないんですが…(ヽ´ω`)
もうしっかり者の嫁とか真っ直ぐな旦那とか考えてすいませんでしたああ!! 
そんなレベルと違うのですよねええ 早く結婚しろ

サマンガン海停でのイベントとル・ロンドに着いてからの感想はその4
写真が多くなると思うので二分します。

レイアちゃんの感想を早く書きたい…!

スポンサーサイト
一般ゲーム/テイルズ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。