スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

BLっぽい一般漫画2 


sgsky756569.jpg

こんにちは、ナナです。
今月に入り、花火大会や夏祭りが多く催されています。
私も、先日友人に誘われて花火を観に行ってきました。
なんとも色気のない集まりでしたが、いざ観てみるとやはり綺麗ですね。
屋台も賑わっていて、楽しみましたがしかし、帰路の鬱陶しさたるや。
後から気付く蚊の跡に、やっぱり夏は外に出ない!と心に決めたのでした…

さて、今回は以前まとめた「BLっぽい一般漫画」特集第二弾です。
かなり期間が開いてしまいましたが、どうぞお付き合いくださいませ。
一般漫画というくくりは出版社のジャンルを基準にします。
その度合い別に紹介したいと思います。

タイトルでは長くならないように「っぽい」としていますが、
男の子同士の友情のそれ以上なのではないかという意味です。
これは、管理人である私の感想に基づいて集めたものですので、
全く要素がないものは挙げていないつもりですが一応観覧注意です。

また、公式・原作にはまったく関係ありません。
ちなみに、その1はこちら

追記:
その1、2で紹介しきれなかったBLっぽい一般漫画3も後日同様に記事にします。
隠れたお勧めも多いので、よろしければそちらもご覧くださると幸いです。

長いので2つに別けました。後半の★★☆8作品と★☆☆8作品のご紹介
【以下作品とその感想】

BLっぽいというのは腐二次創作の対象になりやすいという意味ではありません。
出版社がBLと定義していないというものを取り上げています。
私が読んでみてそう感じたもののまとめなので、
参考程度にお願い致します。

★★★ 恋愛感情ゆえの絡みがある BLと言えるような…
★★☆ 同性への精神依存度が高い 友情と情愛の延長線
★☆☆ 物語の主役が男の子ばかり 仲が良いのはいいこと

(上段に行けばいくほどそれっぽいです)

★★☆ アヤシイ関係のお友達
51Vj0aMp25L.jpg51HF7jzdf8.jpgM03098776-01のコピー20130809112148eebkkity.jpg


やまざき貴子 っポイ! オススメ度 ★★★★
 へー(平)というあだ名で親しまれる小さくて可愛らしい天野平と、周囲とのヒューマンドラマ。
 平は見た目こそ女の子の様ですが、性格は「男の中の男」。思わず応援したくなります。
 このお話も男女カップルが成立し、主人公である平も紆余曲折を経て雛姫ちゃんと付き合出だす。
 これだけを聞いていると「男の子が主人公の学園ラブコメなのでは?」と思われるはず…

 しかしながら、居るのです。腐姉さま方が狂喜乱舞する平への依存の塊の少年が!
 それが平の親友兼幼馴染である万里。完璧超人で学内にFCが存在するほどの美形キャラクター。
 飄々として、気配りができて、腹に一物ある人物と言われたら好印象を持たずにはいられない。
 この二人は信頼し合いつつ、衝突しあい、依存しあう関係…性格の違いなんでしょうね。
 単行本は30巻あり、作中で二人のキス未遂みたいなのがあったりします。2828ものです。
 そして終盤、地下に閉じ込められる話で曝け出される、万里の強がりと平への依存。
 平と万里のこの先を見たいような仕舞っておきたいような…そんな素敵な漫画です。

HERO 堀さんと宮村くん オススメ度 ★★★
 暗くて目立たない宮村くん、ギャルで可愛らしい堀さん、誰にでも人に言えないことがある。
 色々な友情と恋の形を描くゆるくもシリアスもある日常系WEB漫画「堀宮」のご紹介です。
 主人公である宮村くんと堀さんが、お互いの意外な一面を知るところから話が始まります。
 前髪の下には美麗な顔とピアス穴、すっぴんひっつめ髪の家庭的ドS。ある意味お似合いの二人。
 秘密の共有は新密度を増す一番の方法だと言いますが、まさにその通りですね。

 上の表紙の左が宮村くん、通称今村。隣には今回ここで紹介する原因(?)の一端となったオレンジ髪。
 それが、宮村の中学時代からの友人、進藤晃一くんです。秀才でドMで不良なチーズ嫌いのド変態。
 宮村の理解者で、誰にも見せない暴力的な宮村の一面を知る人物です。限りなく黒に近い白。
 彼に女の子の恋人がいなかったら、今頃宮村に……そんな邪推が可能なくらいには仲が良いです。
 進藤や北原くんや渡部といった「あっち系」の人はこの漫画の重要なファクターだと思います。
 基本がゆる~い感じですが、端々に垣間見える「誰もが抱える苦悩」がこの漫画の魅力ですね。
 
つだみきよ プリンセス・プリンセス オススメ度 ★★★
 男子校である藤森学園高等部転校してきた河野亨はその美貌故、学園の「姫」に選ばれることとなる。
 「姫」は、美形な1年生が女装し部活の応援などに従事し、様々な特権が与えられている存在である。
 かくして、同級生2人と共に「姫」に選ばれた亨は、活動を通じて様々な人と出会い
 友情を深め学園生活を謳歌するのであった。

 つまり女装系スクールライフ漫画です。美形は何をしても許されるとかなんとか…
 上の画像の緑髪が主人公である河野亨くんです。左が四方谷裕史郎君、パートナー的存在です。
 女装を役職として許容している二人に、逐一反発するのがツンツンっ子の赤髪、豊実琴君です。
 主人公の亨君は家庭に問題を抱えている。その修羅場から亨を助ける為に裕次郎がしたことは…
 亨へのキスです。ハイ!!!!ありがとうございます!!!でも女の子にも見えるから二度美味!
 裕次郎と亨は、過去の痛みを慰みあう依存関係を、ハイテンションで流していく漫画です。
 同校の男子高校生の視点で、姫の生活を拝見させていただくスタンスで読むことをお勧めします!
 
松永空也 東海道HISAME-陽炎 オススメ度 ★★
 天保三年。世はまだ戦乱のさなか、東海道を旅しながら妖怪退治を業いとする2人の男がいた。
 それが、退魔師である嵯峨野氷雨(表紙右)と、真言密教僧である孔雀院斎(表紙左)。
 退魔師といえば聞こえはいいが、実はただの風来坊なこの二人は幼い頃から共に育った仲である。
 これは、そんな凸凹な二人が織りなす、妖怪退治の珍道中物語である。

 妖怪退治をしながら東海道を旅する二人の、なんちゃって時代劇というのがコンセプトだそうで、
 少々コメディー色が強いですね。ゼロサムの中でもかなりBL臭の強い作品だと思います。
 ド変態の斎が氷雨に迫りあしらわれ、氷雨がトラブルに巻き込まれるのはお約束というか様式美。
 新装版が出ている前作と含め6巻出ているので、なんちゃってBLを求めてる方にお勧めです。

★★☆ 双方・片方の依存度の高さ
51T2ZWqe.jpg51ckX-aQytL.jpg9784757513273.jpg001.jpg

津田雅美 彼氏彼女の事情 オススメ度 ★★★★★
 少女漫画の金字塔、90年代花とゆめの代表作である「カレカノ」。
 勿論この漫画、男女カップルばかり成立します。個人的にはまほさんの歳の差カップルが好き…
 私の好みの話はさておき、ヒューマンドラマ溢れるカレカノをここに載せた理由は皆さんご存知、
 依存度の高さという一点で、友情だけでは説明のつかない感情を見せた人物、それが浅葉君です。
  
 有馬の良き理解者であるあさぴんの行動は、どんどんと複雑なものなっていった気がします。
 有馬の方も、女性で恋人である雪野や他の友人には言えなかった事があさば君には話せる。
 そんないい雰囲気の相談シーンじゃないのですが…異性に見せられない部分を曝け出す。
 その終着点が同性への依存と愛なのかなと考えています。けれど、本心を明かされても、
 「同類である自分では、辛く悩んでいる有馬を救えない」という事を理解している所が辛い…

 雪野のことも有馬のことも「好き」だったんだなぁと読み返してみて思いました。
 たまたま有馬が男の子で、たまたま雪野が有馬の彼女だったから、作中ああいう展開になり、
 最終的に待ちわびたあの子に出会えたんですよね…登場人物皆に幸せになってもらいたいです。

雨宮由樹 市原ゆき乃 07-GHOST オススメ度 ★★★
 幼少期の記憶を失くした少年テイトが、教会の司教フラウと共に聖地ゼーレを目指す物語。
 二人の出会いが、2つの王国と2つの魔石をめぐる戦争の秘密を解き明かすこととなる。

 そういった要素で喜ばざるを得ないゼロサムを代表するゴシックファンタジー漫画です。
 戦闘力の高いツンデレ少年といざという時に頼りになるチャラ男の2人旅という鉄板。
 フラウのテイトへの感情は死神の欲望以外のものも含まれているんじゃないかと思ってしまう。
 夜這いよろしく枕元に立ってるフラウはどう考えても不審者のそれですね。さすが裸族。
 個人的にはカストルさんとラブの関係が好きです。あの熟年夫婦感がなんとも…
 続刊も順調に出ているこの漫画、設定が好みなだけに顛末が気になります。

鎌谷悠希 隠の王 オススメ度 ★★★
 その身に禁忌の術「森羅万象」を秘めた少年六条壬晴を巡る、現代に生きる忍達の戦いが始まる。
 命を削る「気羅」を用いて急襲してきた宵風と壬晴の不思議な縁が物語を加速させていくのだった。

 巻数が進むにつれて心臓が軋んでいくお話です。そして鎌谷さんの絵の美しさよ。
 1巻だけで好きか判断するのは勿体ない。宵風と壬晴に絆が生まれてからがこの漫画の真髄です。
 宵風の命の灯が消えていく、真綿で首を絞められるような不安を味わうことができます(嗚咽)
 そして最終話「君に、おかえりを」で抱き合う幸福感満ち溢れた二人の姿とその真実…
 最後まで良い意味でもそうでない意味でも読者に驚きを与えてくれた漫画でした。
 
枢やな 黒執事 オススメ度 ★★
 イギリス名門貴族ファントムハイヴ伯爵家の執事セバスチャン・ミカエリスは全てにおいて完璧。
 暗い過去を持つまだ幼い主人シエル・ファントムハイヴと共に「女王の番犬」として、
 悪魔で執事のセバスチャンは、街に蔓延する闇とシエルの過去を解き明かしていく。
 
 なんちゃって英国世界観に執事設定とゴシック要素を足した雰囲気漫画という印象。
 主人公のシエルはフェティシズムの塊です。もう一人の主人公セバスチャンに傅かれるその姿は
 なんとも優美でその筋のお姉さまを喜ばせること間違いなしです。使用人は萌え要員。
 そのエンターテイメント性から各派生作品が出来ているこの作品。そういう意味でも期待ですね。

★☆☆ 主従と家族愛
Minitokyo_Lagoon_Engine_Scans_37327.jpg20060615_219.jpg51XBXWRIoiL.jpg352058.jpg

杉崎ゆきる ラグーン・エンジン オススメ度 ★★★★★
 焔と陣は「凶」と呼ばれる悪霊、幽霊など凶々しいものを祓う楽師本家・等軍家の子供。
 凶と交渉する能力を持つ長男・焔と、凶と戦う能力が高い次男の陣は、父のようになる為、
 毎日修行に明け暮れる日々。そんな二人兄弟と同居することになった綾人と分家楽師の物語。

 ショタ好きは避けて通れない杉崎ゆきる先生の漫画作品。正直もう完結は期待してない。
 ですが、流石の素敵設定。現代陰陽師の姿を踏襲しつつオリジナルの世界観を構築しています。
 個性的な小学生の兄弟が縦横無尽に動き回る!実際は主に弟が暴走して諌める兄という構図。
 優秀で察しもいい兄の焔君は溜め込みやすい性格で発作が起きることもしばしば。そんな兄の事を
 一番身近に感じている弟の陣君のいじらしさは形容しがたいです。「焔兄!」の破壊力たるや…
 お互いが心配しあっている様が可愛らしくて切ないです。明るい中に依存と孤独が見え隠れする。
 二人の真っ直ぐな信念を投影させた透明感を感じさせる作品です。そして表紙のセンスが好み。

くさなぎ俊祈 少年進化論 オススメ度 ★★★★
 驚異の若作りで29歳という実年齢を隠しながら人気アイドルとして活躍する麻生水城こと藤崎直樹。
 この作品は、そんな才能あふれる彼を父に持つ平凡な少年藤崎砂名の振り回され人生の記録である。

 くさなぎ先生の絵の魅力は言わずもがな。注目すべきは直樹の我儘と言われる言動から見える、
 直樹の砂名への深い愛情です。父親として不器用な振る舞いしかできない直樹にヤキモキします。
 ですがそんなぎこちなさと温かさを兼ね備えたこの漫画が愛おしいです。超親バカな直樹と
 タイマン張れるような超過保護な杉野がまたいい味出してます。ぜひご一読を。

樹なつみ 朱鷺色三角 オススメ度 ★★★★
 旧家、近親相姦、サイキック…この作品からは血の繋がりが、如何に強固なものかを感じ取れます。
 元々読み切りであったこの作品、蒼島を舞台にした1巻は、怨念漂うミステリーテイスト。
 解き明かされる零と霖の関係と連続殺人の真相は、愛憎に満ち、読みながら手に汗握りました。
 2巻からは日常に戻ってからの霖と零と蕾の家族物語です。零の霖への依存が見られます。
 危うい依存が根底に潜み、蝕む。けれど前を向いて生きようとする、そんな若者の物語です。

 続編はパッションパレードという作品なのですが、実は私はあまり好みではないんです…
 というのも、朱鷺色の血に縛られた陰鬱な雰囲気が良かっただけに、後付け感が拭えない。
 その上、血の呪縛と因縁に塗れた零の依存と、それを受け止めてくれる純な霖が好きなので、
 キングの事や蕾と零の顛末が腑に落ちなかったんです。別作品として読みたかったです。
 しかし作品としての完成度は高いです。心理描写と空気感の素晴らしさは流石樹なつみ先生。
 キャラのフェードアウト等、続編として消化不良な部分を考慮しても単独で十分楽しめる作品です。

望月淳 PandoraHearts オススメ度 ★★★
 時を超えるファンタジック厨二病主従の代名詞、皆さんご存知パンドラハーツです。
 男同士の主従作品としては長編かつ継続的に新刊が出る作品です。好きな方はトコトン嵌る。

 確かにオズとギルの絆やヴィンセントの歪んだ愛、に加えてブレイクとレイムさんの関係性など、
 正直、美味しい要素だらけですが、如何せん学習しない自己犠牲の塊なキャラが多すぎる。
 私、自己犠牲展開は愛していますが、そう何度もされると流石に飽きてマンネリ化してしまいます。
 ただ、絵が可愛らしいですし、上記のように素晴らしい関係性もありますし、女の子が愛らしい。
 アリスモチーフやこういった展開や雰囲気が好きな方には、オススメな作品です。

★☆☆ 主役級の男の子の仲がいい
51RiVLps1vL.jpghyakumu_amnesiacradle.jpeg4e2b020867c250484eeb61268a4710c7.jpgM04218975-01.jpg

那州雪絵 ここはグリーン・ウッド オススメ度 ★★★★
 日本男子の寮生活漫画と言われれば、真っ先に挙げたくなるのがこの作品。
 困星同様、腐った感性を持つと男子の集団生活の魅力には抗えないんですよね。
 そして寮生の中には本当にBL展開を見せてくれるカップルが存在します。目の保養ですね。

 その子らと、女の子とくっ付く主人公はさて置き、注目すべきは先輩組、光流と忍の怪しさ。
 超ブラコンの兄もそれは美味しい存在ですが、この二人の前では霞んでしまう。それほど強烈です。
 OVAの4話の見つめあいからのキス未遂展開は転がって喜んで落ち込んだ記憶があります…
 忍先輩の唯一の友人で最大の弱みである光流先輩の関係…誘拐された話と過去編は素晴らしい。
 主人公であるスカちゃんの物語かと思いきや、暗い過去を持つ先輩二人にもフォーカスされてます。
 終盤では、「頑張って幸せになろう」と思えるようになった忍の成長が垣間見えました。
 自分のわからない部分を理解してくれる人間がいるって素晴らしいことですよね…
 これはそういう展開抜きにしても可愛らしいキャラと台詞回しで楽しませてくれる作品です。

藤野もやむ 忘却のクレイドル オススメ度 ★★★★
 日本に似た国の孤島に隔離され、徴兵制のような特殊訓練が強いられている少年少女たち。
 訓練に疑問を抱いていた主人公達がある日目を覚ますと、周囲は廃墟と化し、大人達は姿を消した。
 数十年が経過したと見られる島の様子を探るうちに、彼らは自らの体の変化に気づくのだった。

 唯々救いがない。本当に救いがないんです。キャラを好きになったら負けな気がしますね。
 もやむ先生らしい男女問わず可愛らしく、今作では特に少年の初々しさがを感じられる絵と、
 容赦ない暴力的展開の落差が今作の魅力です。序章の1巻は少し退屈に思えるかもしれませんが、
 怒涛の展開の最終5巻まで読んで、初めて伏線の意味を知ります。血みどろバイオレンスシーンと、
 読者の意表を突く展開には事欠きません。私のイチオシキャラは、早々にお腹に風穴が空きました。
 幼女が唯一の癒しのこの作品、物語の性質上ネタバレは一切なしの方が楽しめると思います。
 おいでませ、鬱。

ひぐちアサ おおきく振りかぶって オススメ度 ★★★★
 男が男に好きだよって言って何が悪いんだよ!いいえ何も悪くないです、どんどん言ってください。
 言わずと知れた西浦ナインの青春野球漫画、おおきく振りかぶってのご紹介です。
 けれど最近は西浦というより、長らく榛名さんにスポットライトが当たっていましたね。
  1年以上費やして試合してましたが、ひぐち先生の丁寧な試合描写は観ていて飽きが来ません。
 おお振りの醍醐味は一球一球の選択から見えてくる選手の心理描写ですね。立役者はいても、
 脇役は試合にはいないんだな、と改めて感じさせてくれる数少ない野球漫画だと思います。

 余談ですが、この漫画読んでて気になるのは、西浦で阿部君友達出来ないんじゃないか問題です。
 他校との合宿中は親しげに話していたので、一番の原因は阿部君の人間性というより、
 西浦での彼の親密度比率が三橋君に傾きすぎている件ですね。阿部君の今後が本気で心配です。 
 そして、アフタヌーンを買っていた13歳の私に言ってあげて下さい。10年読み続けたとしても、
 奴らはずっと高校1年生なんだということを…まだ冬が来ていないことを。時の流れは残酷ですね。
 めげずに、これからもずっと追いかけていきたい漫画です。

堀田きいち 君と僕。 オススメ度 ★★★
 ギャグ要素を交えた日常系ほのぼの漫画は全員がどこか憎めないキャラであるのが鉄の掟ですが、
 この作品、少々性格に難ありなキャラが目立つ気がします。個人的には残念な点ですね。
 根っから曲がっているというより、それ許されるのかと思う言動がスルーされていく感じ。
 気にならない方にとっては、シニカルな高校生が見れるとても素敵な漫画だと思います。
 そして、幼稚園編は文句なしに可愛い。絵は、さらっと淡白で、綺麗です。
 
 1巻のあきらくんとこーちゃん編は、そこはかとなく女性向けの匂いがしますね。
 ただ哀しきかな、私はショタ属性はあっても体躯の小さい男性受けには食指が動かない性質でして。
 そんな私的ツボを尽く外していくこの作品のダークホースが浅羽兄弟の悠太と祐希。
 兎にも角にも、この兄弟は距離が近い。扉絵だけでお茶碗10杯は堅いです。
 


以上、16作品のご紹介です。
今回も阿呆のように長くなってしまいました。このブログでも何度か紹介した作品が混じっていますね。
本当に「いき過ぎた友情」というのは素晴らしいですね。依存と脆い精神に惹かれるのは腐女子の性か。

今回は、有名どころが多くなってしまいました。
次回のBLっぽい一般漫画紹介3では私が心にしまっておきたい30作品をご紹介できたらと思います。
どれも甲乙つけがたいラインナップで、正直私の語彙力では伝えきれる気がしません。今もですがw

全国的に猛暑日が続いています。体温と気温のどちらが熱いかを考えるだけで脳漿が蒸発しそうです。
みなさんも熱中症にならないように十分気を付けながら、楽しいニアホモ生活を謳歌してくださいませ。
スポンサーサイト
BL/BL系書籍 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
参考になりました
レビュー非常に参考になりました~
1・2読んで感銘を受け、お勧め4以上なの大人買いして全部読みました(汗)すごい良かったですッ(>_<) 第三弾を密かにお待ちしています・・・

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。